無駄の美学106

私は

歳が40オーバーなだけで

一応仕事があるだけで

中身は社会不適合者であり

出無精、引きこもりの小心者であり

万年内向的な口下手厨二病であり

浮浪者であり放蕩者でありヒモであり

徘徊老人であり

世の中に不要で

肥溜めに生息する下等生物であるのはいわず最上もが

イキアタリバッタリイズムは、自分主催だと許容あるが

他人のイキアタリバッタリイズムにはついていく気がない。

ところで昨夜は

宇都宮へ夜の10時から向かったわけだ。

少し年下の独身おっさんを連れ

どこかに興奮がないか辺りをキョロキョロする。

宇都宮は都内からはなかなか遠い。

東北道に乗ったあたりでその途方もなさが

寒さとともにじわじわ浸透してきたころ

その連れが

携帯をチコチコさわって言う。

コヤマ?オヤマ?ってところがあるみたいよ?

宇都宮よりも30-40分手前。

小山(オヤマ)という小都市。

到着はテッペン。

寒い。暗い。

人のいる気配があまりしない。

オヤマでランキングの高いキャバクラに入ろう。

RISEというキャバクラに入った。

左から

おぶすちゃん

おぶすちゃん

一つ飛んで

おぶすちゃん

2秒、目を伏せて。。。

と。もう一度。

左から

わかいおぶすちゃん

30のおぶすちゃん

一つ飛ばさないでも

35のおぶすちゃん

なにかこう。。。

。。。

オセロしよーよ

っていわれて

駒、全部両面黒い

みたいな。。

tobecontinued

広告を非表示にする