私はわたし。2018年に行きたい世界。

今年1年

よっちゃんブログを見つけて下さった皆さま

よっちゃんブログにお越しくださる皆さま

よっちゃんと出会ってくださった皆さま

魂より感謝を申し上げます。

昨日もメッセージを頂いて

全部年内に、お返事書けましたーーー()

不思議と、いただく内容というのは

同じだったりします。

ザワザワザワザワなんだか分からないけれど

メッセージしたくてたまらなかった

なんだか心が揺さぶられて

よっちゃんは、私の言葉に表現

出来ないことを言語化してくれている

たぶん、私がすごいんじゃなくて

感受性が豊かな方なんだと思います。

私と同じ、似ているってことです。

人間て、同じ波長や波形、周波数

これらを波動というのですけど

そこに共感したり、することで

気持ちがよくなるんです。

人間の違いも、この波の違いなんだろうなと

最近思います。

音楽を聴いていると

はもっている。このはもりは

ひとつの音と、ひとつの音を鳴らすと

向かい合ったものが、共鳴する。

私が書いているものを読んで

読んでくださってる方の波が

共鳴している。

私は、そういうのに喜びを感じます。

ですが、私はこの1年間を振り返ると

あえて、合わない波動の方の

本を読んだり、お会いしに行ったり、

お話をしてみたり

全国を駆け回りました。

ちょー苦手なことに挑戦し続けました。

尊敬する先輩には、よっちゃん

なんでわざわざ、そんな所に行くの??

ってよく言われた1年でもありました。

何でだろうかと考えると

川相ルミさんの影響があります。

ルミさんは、ニュートラルな世界を

常に、見せて下さり

私は、そんな姿勢や在り方を

教わったのです。

私は、ニュートラルな世界に

入っていきたいのだと。

その為には、一面だけを見ていても

私の成長はない。

心地よい世界という一面だけを

見ていても成長はない。

そう思ったんです。

だからあえて、もう一つの一面

その世界を知る必要が私にはあるなと。

私は、なぜ、他者を

批判したりするのだろう。

私は、なぜ、他者の

行動を見て嫌と感じるのだろう。

違う価値観を持っている方と

過ごすということは

とっても気持ちは良いものではない。

私の何が、そう感じさせるのだろう。

時には、批判ばかりして

文句ばかり言ってる自分にも出会いましたし

そんな自分を嫌いになりかけたときも

ありました。

すると、分かって欲しい

悪くないって言って欲しい

そういった、自分の罪悪感のようなものを

他者に埋めて欲しいという

欲求を満たすために

親しい人を頼って、どうにかしてくれ〜と

泣き言も沢山言いました。

人は、出会いと別れを繰り返すけれど

その人からの学びが終わると

別れは突然やってくる

自分の成長のために

人と付き合うのはどうなんだろうって

春ごろに、メンタルが落っこちまして

人付き合いに消極的になり

なんにもする気にも

なれなかったときもあった。

それでも応援してくれる人がいた。

私は、人が離れていくことに恐怖を

感じている。

私と合わなくなったからと

離れていく人がいると、すごく怖かった。

私も同じように

合わなくなったからと離れて行った。

それがとても怖かった。

私は、人と繋がれないのか。

かといって、合う人とは

深くかかわりたくなる。

丁度いい感覚はないのだろうか。

人との距離感をうまく保てない。

これも私の内側からくる

問題というか、起こった出来事だった。

だけど今は、よっちゃんと出会ってくれて

ありがとう。たくさんの学びを与えてくれて

ありがとう。

ありがとう。

ちょー好きだよって、愛しているよって。

伝えたいけど、それは自分の中に

置いておこう。

またどこかで会えるかもしれないし。

そう思っている。

人間は、自分が気持ちがいいという

価値観を握った時

気持ちがいいという思いと

気持ちが悪いという思い

2つの体験が出来るんです。

そして、気持ちが悪いという思いを

満たしたいという欲求が生れる。

表と裏があるんだなって。

これこそ人間の思考だなと。

例えば、ひとつの考え方を

受け入れると

そこから、2つの世界に出逢う。

1つは、この考え方と違うものを

間違っていると感じたり

1つは、受け入れた考え方こそが正しいのだ

っていう発想が生まれる。

この2つの世界に入っていくわけです。

これは、私の思考そのものだなと。

誰かから聞いた話を、納得した時に

その瞬間から、自分が納得できない話が

耳に入ってくるんです。

そして、それらを

なんか間違ってる、そうじゃないんだよって

正しくないんだよって認識しちゃうのです。

あぁ、だから私は、批判するんだーって

そして、だから、私は、批判されたーって

感じるんだと、思ったんです。

私の何が、そう感じさせるのだろう

って問いは

自分の波動と合わない世界に

身を置いてみて、はっきりと

その問いの光が見えてきたのでした。

そして、自分の片寄っている思考

囚われている思考から

解放されたのです。

私が納得した価値観が正解でもないし

その逆の価値観も間違いではない

そして

自分に問い続けて、問いて問いて

問いていくことは

自然と自分の内側に意識が向き始める。

私が、違和感を感じていたことは

なにか、恐れからくる、

何かをしなくてはという

原動力になっている考え方

私は、その世界には行きたくないなと

はっきりと分かったのです。

恐れからくる動機というのは

その恐れをなくすために

被害者と、加害者という

2つの世界が生れるから。

そして

正しい、間違っているという

葛藤に苦しんでしまう。

私は、その答えを、探しに行く

という、1つの課題が

終ったように感じた1年となりました。

辛く悲しいことも

失敗したこともたくさんあった。

嫌なこともたくさんあった。

今思うことは

なんか嫌!という気分によって

終わらせるのか

これすっごい楽。

楽だけど、嫌って言う気持ちは残る。

それとも、問いて問いて

自分に問いて内面を見ていくのか

なんか嫌!を学びに変えていくのか

それによって

人生って大きく変わっていくものだなと

この1年間で、出逢ってくれた方

私に学びを与えて下さった方の

お顔が、今、浮かんできます。

たくさん成長させていただき

本当に感謝しかありません

その方たちへの感謝の気持ちを

いっぱいにして

新年を迎えたいと思います。

今年1年間、読んで下さり

ありがとうございました。

特にこれと言って、明日からも

同じようにブログを

書いていきたいと思います。

来年は、原点に、初心に返り

探求心をもって活動して

行きたいと思います。

関東でお茶会もやってみたいなと

思います。

是非、よっちゃんに会いに来てください。

お会い出来たら、とっても嬉しいです。

2018年も、引き続き

どうぞよろしくお願いいたします。

魂からの感謝を込めて

よっちゃん