本日の育児(2017.7.30)

娘たちはタイに里帰りし、

親戚の皆様と楽しく過ごしている。

娘たちは父が居なくなっても、

優しい家族に助けられ、

幸せに生きていけると思う。

私の父としての必要最小限のことはやれたという気もするが、

まだ十分とはいえない。

私は育児の最後の仕上げをやらなければならない。

育児記録も後3年で完結の予定である。

さあ、娘たちがタイでどんな様子なのか、

電話してみよう。

独りぼっちの父を気遣っているのだろうか?